今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本

米12月CPI(消費者物価指数)はインフレ低下を示す数字となり、ニューヨーク市場主要株価指数は揃って上昇しました。国内では日銀の追加修正観測で円高が進み、日経平均株価が下落しています。金融政策決定会合を迎える東京市場はどう動くでしょうか。
NEKO TIMES 2023.01.15
サポートメンバー限定

今週号のトピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・米12月C P I(消費者物価指数)解説

・日銀の金融緩和策修正観測

・為替動向とドル円見通し

・複雑化するリスク要因

・今週の相場見通し

・編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6673文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し