今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本

米12月CPI(消費者物価指数)はインフレ低下を示す数字となり、ニューヨーク市場主要株価指数は揃って上昇しました。国内では日銀の追加修正観測で円高が進み、日経平均株価が下落しています。金融政策決定会合を迎える東京市場はどう動くでしょうか。
猫組長 2023.01.15
有料限定

今週号のトピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・米12月C P I(消費者物価指数)解説

・日銀の金融緩和策修正観測

・為替動向とドル円見通し

・複雑化するリスク要因

・今週の相場見通し

・編集後記

この記事は有料読者限定です

続きは、6673文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
解説|楽天、モバイル事業が重荷にー借金地獄に陥るか
読者限定