相場見通し-リスクオンも季節性の売り圧力に注意

先週は日銀金融政策決定会合、今週はFOMCと金融政策が相場を動かす週となりました。両国ともに無事にイベントを通過し、リスクオンの様相を呈しておりますが、3月末は季節性による売り圧力に注意が必要です。本日はその周辺も含めて相場見通し・展望をお伝えしていきます。
NEKO TIMES 2024.03.24
サポートメンバー限定

ニューヨーク市場

東京市場

3月FOMC

FOMCを受けて

CMEのFedWatch

株式市場リスクオンで反応した理由

これからは再び金融政策が最も注目される相場に

日銀追加利上げ示唆

日銀の政策から今後注目しているセクター

今週発生する注意すべき売り圧力

日経平均見通し

ダウ平均見通し

今週のイベント

編集後記

ご案内

NEKO ADVISORIESは新規会員募集を再開いたしました。募集再開から2週間で200名以上の方にご入会頂いております。会員が一定数を超えましたら、再び新規入会を制限させて頂きます。ご興味のある方はこの機会にぜひご入会をどうぞ。

                 申し込みはこちらか

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6912文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|中東の危機、原油価格は上昇か-日経平均は1000円安に
読者限定
地政学リスクによるリスクオフ相場-底打ち目処の水準はどこか
サポートメンバー限定
相場見通し-地政学リスクに揺れる日米市場
読者限定
解説|米CPI発表と円安の加速ーなぜ為替が動くのか
読者限定
時価総額特集第二弾-日本国内における時価総額ランキングの展望を解説しま...
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|米利下げに慎重、経済統計ちぐはぐ
サポートメンバー限定
紅麹問題から1週間-小林製薬の推移を需給面から考察します