今週の相場見通し 日経平均は相場の空白地帯で25MA奪還か

FOMCとECB理事会を通過しFRBパウエル議長の議会証言も終えたニューヨーク市場は、安堵感から一時の落ち着きを取り戻しています。東京市場は参院選を来月10日に控え、本格的な7月相場を迎えます。
NEKO TIMES 2022.06.26
サポートメンバー限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

いきなり夏本番がやってきたような猛暑が続いていますね。節電などという愚かなことは考えずしっかりエアコンを効かせて熱中症を防ぎましょう。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考察してみましょう。

ニューヨーク市場

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4632文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え