今週の相場見通し-不安定な欧米市場、堅調な東京市場

労働市場の堅調さがFRBによる金融引き締め加速を意識させる米国に対し金融緩和を継続する日本、金融政策の違いが大きく影響する相場展開となりそうです。
猫組長 2022.06.05
有料限定

ニューヨーク市場

30日:戦没者追悼記念日のため休場

31日:ロシア産原油の禁輸で合意したEUは5月CPI(消費者物価指数)が前年比+8.1%と市場予想を上回りインフレ懸念が再燃しました。WTI原油先物価格は119ドル台まで上昇、前週にダウ平均株価が1950ドル上昇していたニューヨーク市場は、利益確定とインフレ警戒の売りに押される展開となりました。ダウ平均株価の下げ幅は一時460ドルを超える場面もありましたが下値は限定的でした。ダウ平均株価終値は▼222.64の32,990.12ドル

この記事は有料読者限定です

続きは、4495文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定