今週の相場見通し

米1月CPI(消費者物価指数)コア指数ともに上振れ、ターミナルレート見通しが上方修正され円安ドル高が進みました。今週はFOMC議事録公表、米1月PCE(個人消費支出)発表が控えています。
NEKO TIMES 2023.02.19
サポートメンバー限定

今週号トピック

ニューヨーク市場サマリー

東京市場サマリー

米1月C P I(消費者物価指数)はインフレ低下ペースの鈍化を示唆

米1月P P I(生産者物価指数)も前月比+0.7%の大幅上昇

労働市場の逼迫と堅調な個人消費

F R Bはタカ派に傾斜して利上げは長期化する

為替動向USD/JPY

今週の相場見通し

編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6288文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え