巣ごもりから開国の準備ー不動産が生み出す価値の変化

ヤフーは国内ならどこからでも働くことを許容する方針を発表しました。その他にも大手を中心にリモートワークを前提とした働き方を採用する企業が増えています。首都圏ではオフィスの空室率は上昇するとの予測もあるようです。一方で外資系ホテルの進出が増えているようにも思います。コロナで移動が制限されている中、各社はどのように投資をしているのでしょうか。
猫組長 2022.01.14
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。寒い日が続いていますね。日本でもオミクロン型による感染者が急激に増えてきました。重症化や入院する割合はデルタ型より低いようですが、母数が大きくなれば重症者もそれなりに増えます。これまで以上に感染には気を付けましょう。

***

こんにちは、NEKO PARTNERS岩倉です。毎週金曜のニュースレターではビジネスや経済のトレンドについて解説していきます。

オミクロン株への水際対策に際して「令和の鎖国」とまで呼ばれている状況ですが、人やモノの移動が自由になるのはいつのことになるのでしょうか。これらの制限により場所の価値が少し変わってきているのではないかと感じています。また、デジタル空間における人の流入も変化をもたらすといえるでしょう。

<本日のトピック>
・オフィスから離れる日本企業?
・外資系ホテルの進出と価値の変化
・デジタル不動産と消費

記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

猫組長TIMESではニュースレターを定期配信しています。まだ購読登録していない方は見逃さないようにぜひ購読していただければ嬉しいです。いよい今後は有料購読者限定のコンテンツも拡充していきます。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2950文字あります。
  • オフィスから離れる日本企業?
  • 外資系ホテルの進出と価値の変化
  • デジタル不動産と消費

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定