ウクライナ情勢から見る株価の行方と、いま買っておきたい推奨銘柄

ロシア国防省はウクライナとの国境近くに展開していた軍の部隊が演習を終えて撤収を始めると発表しましたが、依然として情勢不安は投資家心理を不安にさせ、ボラティリティの高い相場が続くと思われます。本日はウクライナ情勢がもたらす株価の行方と、今買っておきたい銘柄について考察していきたいと思います。
NEKO TIMES 2022.02.16
サポートメンバー限定

第24回の配信では

【ウクライナ情勢と株価の行方、いま買っておきたい推奨銘柄】

をお伝えしていきたいと思います。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4311文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
割高か割安をPERだけで判断していませんか?投資確度を格段に高める方法...
サポートメンバー限定
相場見通し-今週はエヌビディア1社が世界の市場を動かす
読者限定
解説|日本株続伸するも、日本経済は内需の弱さ続く
読者限定
日経平均が上昇してもなぜ持っている銘柄が上がらない?銘柄選びのポイント...
サポートメンバー限定
今週の見通し-週明け注目の個別銘柄について
読者限定
解説|日経平均株価37,000円!円安の追い風と日銀の"緩和的な金融環...
読者限定
【新NISA第一弾】どの国を買えばいい?積立投資枠の銘柄選定など、多く...
サポートメンバー限定
今週の相場見通し-好調なメガテック、大幅下落のあおぞら銀行は買いか