日経平均の絶対防衛ラインと忍び寄る逆イールド

ウクライナ情勢の悪化から資源高を誘発し、株式市場は大きな下落を余儀なくされております。事態が刻一刻と変化する中、下落はどこまで続くのか考えられるシナリオを基に考察していきたいと思います。
猫組長 2022.03.09
読者限定

日経平均の絶対防衛ラインと忍び寄る逆イールド】

をお伝えしていきたいと思います。

また、記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

猫組長TIMESではニュースレターを定期配信しています。まだ購読登録していない方はご登録の上、お読みいただければ幸いです。

日経平均 6ヶ月 日足チャート

引用:SBI証券
引用:SBI証券

3月9日の日経平均株価は4営業日続落の前日比73円安の2万4717円で取引を終えました。1日の値動きを振り返ると、朝方は昨日までの3営業日で1800円近い下げとなった反動から、ショートカバーが全体相場を押し上げました。それに加え米株価指数先物高も支えとなり上げ幅を広げ、前場後半には2万5084円(前日比293円高)まで上昇する場面もありました。しかし、ウクライナ情勢に対する警戒感は根強く、買い一巡後は先物売りを交えて下げに転じ、後場終盤には2万4681円まで値を下げました。売買代金は3兆2731億円と25000円前後での下値での買い圧力は見られるものの、ウクライナ情勢は明日明後日に解決される問題ではなく、上値を買う動きや要素は見られません。引き続き不安定な状況は継続されるますが、下落の止まらない株式市場はどこまで続落していくのか、様々なデータや要素をもとに考察していきたいと思います。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5333文字あります。
  • ◆幾度となくサポートラインとなってきた50日移動平均で下落は止まるのか
  • ◆最重要な日経平均24448円という節目
  • ◆忍び寄る逆イールドの恐怖
  • ◆逆イールドのアノマリー

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定