今週の相場見通し-波乱の5月相場へ

経済指標の悪化とともに下落し始めたニューヨーク市場ではNASDAQ総合株価指数が年初来安値を更新、S&P500種株価指数は4,000割れが視野に入ってきました。3日から開催されるFOMC次第で波乱の相場となるでしょう。
猫組長 2022.05.01
有料限定

みなさんこんにちは、猫組長です。

日本では3年ぶりとなる行動規制の無いゴールデンウィークが始まりました。外国為替市場では一時1ドル131円台まで円安が進行するなど日米欧における金融政策の違いが相場に現れています。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考察してみましょう。

ニューヨーク市場

この記事は有料読者限定です

続きは、5285文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定