推奨銘柄の紹介と、逆イールド発生により将来的な大きな下落に注意を。

3月30日に逆イールドが発生しました。逆イールドはリセッション(景気後退)示唆として用いられており、逆イールド後は、湾岸戦争、ITバブル崩壊、リーマンショック、コロナによる大幅下落に繋がっております。過去の逆イールド局面を踏まえて、これからの相場の展望を考察していきたいと思います。
猫組長 2022.04.06
有料限定

【推奨銘柄の紹介と、逆イールド発生により将来的な大きな下落に注意を】

をお伝えしていきたいと思います。

また、記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

猫組長TIMESではニュースレターを定期配信しています。まだ購読登録していない方はご登録の上、お読みいただければ幸いです。

◆逆イールド後の米国市場の値動き

ダウ平均 日足 10日間チャート

SBI証券
SBI証券

3月30日、米国2年債と米国10年債利回りが逆転する逆イールドが発生しました。逆イールドの発生以降は、700ドル程度の下落という状況となっております。今後のマーケットを読み解く上で、逆イールドはかなり重要な内容の1つとなりますので、「逆イールドとは何か」、「逆イールドで今後マーケットはどう動くのか」をわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事は有料読者限定です

続きは、5994文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定