推奨銘柄の紹介と、逆イールド発生により将来的な大きな下落に注意を。

3月30日に逆イールドが発生しました。逆イールドはリセッション(景気後退)示唆として用いられており、逆イールド後は、湾岸戦争、ITバブル崩壊、リーマンショック、コロナによる大幅下落に繋がっております。過去の逆イールド局面を踏まえて、これからの相場の展望を考察していきたいと思います。
猫組長 2022.04.06
有料限定

【推奨銘柄の紹介と、逆イールド発生により将来的な大きな下落に注意を】

をお伝えしていきたいと思います。

また、記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

猫組長TIMESではニュースレターを定期配信しています。まだ購読登録していない方はご登録の上、お読みいただければ幸いです。

◆逆イールド後の米国市場の値動き

ダウ平均 日足 10日間チャート

SBI証券
SBI証券

3月30日、米国2年債と米国10年債利回りが逆転する逆イールドが発生しました。逆イールドの発生以降は、700ドル程度の下落という状況となっております。今後のマーケットを読み解く上で、逆イールドはかなり重要な内容の1つとなりますので、「逆イールドとは何か」、「逆イールドで今後マーケットはどう動くのか」をわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事は有料読者限定です

続きは、5994文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定