解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え

トヨタは日本企業で初めて営業利益5兆円を突破しました。円安を背景に輸出企業が好業績を記録する中、海外からの仕入・調達が必要な企業の肩にコストがのしかかります。また、中小企業はコスト増を価格に転化することができず、これは個人の賃金上昇にも結果的につながりません。
NEKO TIMES 2024.05.10
読者限定

NEKO TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、およそ21,000人の読者の皆様が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向け配信では、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日のNEKO TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。

日銀が公表する統計によると、4月末から5月頭にかけて複数回にわたっておよそ9兆円規模の為替介入を行なったと見られています。1回目は4/29に1ドル160円台に急落後、154円台まで急反発したタイミング、2回目は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け、円が157円台に下落し154円台に急反発したタイミングです。

現在は1ドル155円台で推移しています。引き続き円安が進んでいることから、神田財務官は為替介入について「いつでも」実施する用意があると記者団に語りました。また、植田総裁は「円安の動きを注視する」と述べた上で、物価への影響をふまえて「政策上の対応」の必要性に言及しました。

内閣府が本日10日に発表した景気ウォッチャー調査(4月)の結果によると、景気判断を「緩やかな回復基調が続いているものの、このところ弱さがみられる」へ下方修正しました。前月は「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる」でした。

また、9日に厚生労働省が発表したの毎月勤労統計調査(3月・速報)によると、給与総額(名目賃金)は伸びているものの、物価高に追いつかない状態が続いていることがわかります。1人当たりの賃金は物価変動を考慮した実質賃金で前年同月比2.5%減、24カ月連続の減少で過去最長です。

個人・家計は実質でジリ貧の状態です。しかしながら、円安を背景に輸出企業を中心に「好調」な決算を発表しています。本日のニュースレターでは経済・為替の状況が刻一刻と変わるなか、置かれている状況が異なる家計と民間企業を対比しながら筆を進めていきます。

<本日のトピック>
・輸出企業は好業績、トヨタは営利5兆円超え
・中小企業は仕入れコストを価格転嫁できず
・日本実質賃金は24ヶ月マイナス、家計は苦しい

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3973文字あります。
  • 輸出企業は好業績、トヨタは営利5兆円超え
  • 中小企業は仕入れコストを価格転嫁できず
  • 日本実質賃金は24ヶ月マイナス、家計は苦しい

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。