今週の相場見通し-米12月CPI(消費者物価指数)

2023年の相場が始まりました。今年も金融政策と金利、その環境を取り巻く思惑で動きそうです。年初も経済統計の悪化がFEDプットの期待を高め、株価が上昇する展開を見せました。その傾向も長くは続かないでしょう。
猫組長 2023.01.08
有料限定

今週号のトピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・新発日本国債10年物の表面利率0.5%

・表面利率=クーポンレートと利回りの違い

・ハイテク株とフリーキャッシュフロー

・GAFAM神話の崩壊

・今週の相場見通し

・編集後記

この記事は有料読者限定です

続きは、5852文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定