戦争と株式市場-今週の相場見通し

開戦リスクで売られ開戦で買われる、という教科書どおりの株式市場でした。しかし、コロナ禍の異常な金融緩和で進んだ株高とインフレ教科書にはありません。
猫組長 2022.02.27
有料限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ロシアがウクライナへ侵攻したことで世界は大きく揺れています。グローバルな金融システムは効率的な市場を完成させましたが、戦争によってその弊害も顕著となりました。各国で進む制裁措置はそれを科した国へ反動が返ってくるというものです。ロシアから攻撃されるウクライナに対し他国が軍事的支援ができないのも、ロシアが核保有国であることもですが、互いに経済的な依存が強いという側面もあります。

さて先週のマーケットですが、戦争が起きる可能性が高まったことで売られ、戦争が起こったことで買い戻しが進むという教科書どおりの展開となりました。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

この記事は有料読者限定です

続きは、4497文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定