戦争と株式市場-今週の相場見通し

開戦リスクで売られ開戦で買われる、という教科書どおりの株式市場でした。しかし、コロナ禍の異常な金融緩和で進んだ株高とインフレ教科書にはありません。
NEKO TIMES 2022.02.27
サポートメンバー限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ロシアがウクライナへ侵攻したことで世界は大きく揺れています。グローバルな金融システムは効率的な市場を完成させましたが、戦争によってその弊害も顕著となりました。各国で進む制裁措置はそれを科した国へ反動が返ってくるというものです。ロシアから攻撃されるウクライナに対し他国が軍事的支援ができないのも、ロシアが核保有国であることもですが、互いに経済的な依存が強いという側面もあります。

さて先週のマーケットですが、戦争が起きる可能性が高まったことで売られ、戦争が起こったことで買い戻しが進むという教科書どおりの展開となりました。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4497文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し