今週の相場見通し 外部環境と金利動向が材料

米国のインフレピークアウトを示唆する経済統計が続くマーケットは、再びFRBの金融政策と金利動向に注目しています。変則的な日程の日米市場で株価はどう動くでしょう。
NEKO TIMES 2022.11.20
サポートメンバー限定

本日号トピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・FRBの政策転換はあるのか

・欧州のインフレも危機的な水準にある

・今週の相場見通し

・〇〇銘柄

・編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5576文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。