今週の相場見通し 外部環境と金利動向が材料

米国のインフレピークアウトを示唆する経済統計が続くマーケットは、再びFRBの金融政策と金利動向に注目しています。変則的な日程の日米市場で株価はどう動くでしょう。
猫組長 2022.11.20
有料限定

本日号トピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・FRBの政策転換はあるのか

・欧州のインフレも危機的な水準にある

・今週の相場見通し

・〇〇銘柄

・編集後記

この記事は有料読者限定です

続きは、5576文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

今週の相場見通し 利上げペース鈍化期待で迎えた12月相場
有料限定
NISAを解説|日本人に資金余力はあるか?岸田首相に足りない視点【毎週...
読者限定
NISA枠恒久化へ-非課税枠の投資戦略を探る
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|なぜマスク氏は日本中心のTwitterを目指すのか?【毎週金曜日...
読者限定
人の行く裏に道あり花の山-密かに動き始めた鉄鋼セクターに要注目
有料限定
景気後退と雇用|ミドルをクビにする3つの理由【毎週金曜日配信:世界経済...
読者限定
23連勝中の新規上場株-IPO銘柄の投資戦略とは。
有料限定