今週の相場見通し 「市場センチメントはインフレからリセッション警戒に」

週初27,000円を回復した日経平均株価は、経済指標の悪化に伴う欧米市場の下落に引き摺られ再び26,000円割れとなりました。市場の関心はインフレからリセッションへと移る中、8日の米雇用統計に注目が集まります。
NEKO TIMES 2022.07.03
サポートメンバー限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

米6月消費者信頼感指数が予想を下回り、ユーロ圏のCPI(消費者物価指数)が過去最高を更新し、欧米株式市場が大幅下落しました。27,000円を回復した日経平均も欧米市場に連られ、再び26,000円を割り込むなど不安定な展開です。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

ニューヨーク市場

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4706文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え