2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る

半導体セクターは、これまでの供給不足から在庫過多のフェーズへシフトしていきます。半導体株にとっては、冬の時代の到来が予見されますが、テクノリジーの進化により半導体の絶対数は上昇していくことでしょう。本日は、次世代半導体として注目しているMRAMについて考察していきたいと思います。
猫組長 2022.09.21
有料限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る」について解説していきたいと思います。

以下、

冬の時代到来も引き続き高成長の見込まれる半導体市況

◇脅威的な高成長が見込まれる次世代半導体MRAM

◇そもそもMRAMとは。特性と弱点

◇MRAMに関する企業・銘柄

を記載した内容となっております。ぜひ猫組長TIMESをご登録の上、お読み頂ければ幸いです。

この記事は有料読者限定です

続きは、7980文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定