2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る

半導体セクターは、これまでの供給不足から在庫過多のフェーズへシフトしていきます。半導体株にとっては、冬の時代の到来が予見されますが、テクノリジーの進化により半導体の絶対数は上昇していくことでしょう。本日は、次世代半導体として注目しているMRAMについて考察していきたいと思います。
猫組長 2022.09.21
有料限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る」について解説していきたいと思います。

以下、

冬の時代到来も引き続き高成長の見込まれる半導体市況

◇脅威的な高成長が見込まれる次世代半導体MRAM

◇そもそもMRAMとは。特性と弱点

◇MRAMに関する企業・銘柄

を記載した内容となっております。ぜひ猫組長TIMESをご登録の上、お読み頂ければ幸いです。

この記事は有料読者限定です

続きは、7980文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定
学習しない株式市場-CPIショック再び
読者限定