今週の相場見通し

FOMC(米連邦公開市場委員会)は想定どおりの結果ながら、市場はハト派と受け止めたようです。1月雇用統計は予想を大きく上回る衝撃的な数字でした。本格的な2月相場はこれからどう動くのでしょう。
NEKO TIMES 2023.02.05
サポートメンバー限定

今週号のトピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・F O M C声明文とパウエル議長発言

・米1月雇用統計とインフレのメカニズム

・為替動向 USD/JPY

・EXTREME GREED(極端な貪欲)

・I S M 非製造業総合景況指数・製造業総合景況指数

・ダウ平均株価見通し

・日経平均株価見通し

・編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7065文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。