今週の相場見通し インフレピークアウト期待で株式市場はどうなる?

米10月C PI(消費者物価指数)の下振れで米長期金利が急低下、過度な金利先高感の後退でUSD/JPYは140円割れとなりました。12月FOMCで利上げペース鈍化の期待から株式市場は大きく上昇しています。
NEKO TIMES 2022.11.13
サポートメンバー限定

今週号のトピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・逆C P Iショック

・米10年債利回りとUSD/JPY

・今週の相場見通し

・編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5730文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|中東の危機、原油価格は上昇か-日経平均は1000円安に
読者限定
地政学リスクによるリスクオフ相場-底打ち目処の水準はどこか
サポートメンバー限定
相場見通し-地政学リスクに揺れる日米市場
読者限定
解説|米CPI発表と円安の加速ーなぜ為替が動くのか
読者限定
時価総額特集第二弾-日本国内における時価総額ランキングの展望を解説しま...
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|米利下げに慎重、経済統計ちぐはぐ
サポートメンバー限定
紅麹問題から1週間-小林製薬の推移を需給面から考察します