FIREという言葉の落とし穴と、資産形成の考え方

老後2000万問題を機にここ数年、FIREという言葉がムーブメントとなりました。しかし、FIREに関する書籍や、投稿を見ると様々な問題点や、落とし穴があるように感じました。本日は、私なりに将来への資産形成への考え方をお伝えしていきたいと思います。
猫組長 2022.04.13
読者限定

【FIREという言葉の落とし穴と、資産形成の考え方】

をお伝えしていきたいと思います。

記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

猫組長TIMESではニュースレターを定期配信しています。まだ購読登録していない方はご登録の上、お読みいただければ幸いです。

また、この度私が主席分析を務めクローズドサイトとして1年間の運営と検証をしてきたNEKO ADVISORIESを一般開放し新規会員の募集を行います。徹底したファンダメンタル分析+AIによるスクリーニングで上昇期待の高い日本株・米国株の推奨銘柄を継続的に配信していきます。

証券会社を退社後、”儲かる”という甘言で集める株式配信サービスを多く目にしました。しかし株式市場はそんな甘くありません。継続的に利益をあげるには、重要な情報を如何に選択できるかです。「精査された情報を基に自分で考える力をつけていきましょう」というのが本サービスの目指すところです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6469文字あります。
  • ◆FIREとは
  • ◆FIREの考えの落とし穴
  • ①そもそも資産運用すれば資産が増えるという考え方が間違っている
  • ②無計画、無謀なFIRE論が多いのではないか
  • ◆資産形成に必要なこと
  • ◆最後に

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定