解説|感染爆発の中国、世界経済に仕掛けられた"時限爆弾"【毎週金曜日配信:世界経済とビジネスがわかる】

世界の工場としての成長に翳りが見え始めた中国。ゼロコロナ政策にり急ブレーキをかけた中国はこれからどのように息を吹き返すのでしょうか。3期目を迎える習政権の思惑とは。
猫組長 2022.12.23
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、約15,000人規模のニュースレターメディアとして、成長を続けています。

有料版ニュースレターでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

【お知らせ】年末年始も猫組長TIMESは通常のスケジュールで配信を続けます。2022年の振り返り、2023年の展望などに一部内容を変更します。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。全国旅行支援の実施や海外渡航者の増加により国内におけるコロナ感染者数の増加がみられます。年末年始で出歩く機会も増えることから、引き続き増加傾向となっています。日本では巧みにウィズコロナの世界にシフトしているといえそうです。ところが、世界ではまだまだ状況を管理できていない国があります。中国はゼロコロナ日本以上に状況が酷いといわれているのが中国です。中国政府は新型コロナウイルスを徹底的に抑え込む「ゼロコロナ」政策に取り組んでおりましたが、英国調査会社の分析によると中国におけるコロナウイルスによる死亡者数が5000人/日・新規感染者数は100万人/日にのぼる可能性を示唆しました。

中国のコロナとの闘いは、一国の問題にとどまりません。「世界の工場」とも呼ばれ様々な国の企業が生産拠点として選び、また大規模な人口による消費を背景に世界経済への影響も計り知れません。本日のニュースレターでは中国の現状を世界経済の観点から整理していきます。

<本日のトピック>
・コロナと闘う中国政府
・中国に依存する世界経済
・衰える勢い、息を吹き返すか
・求心力を取り戻したい習近平の一手

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3699文字あります。
  • コロナと闘う中国政府
  • 中国に依存する世界経済
  • 衰える勢い、息吹き返すか
  • 求心力を取り戻したい習近平の一手

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定