経済安保の要になるか−米国主導の新しい経済枠組み

北朝鮮による核実験や長距離弾道ミサイルの実験、台湾問題、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」など、アメリカからするとアジアには悩みの種が多く存在しています。そんな中、バイデン大統領は日韓訪問に向けて米国を出発しました。訪日とあわせて発足するインド太平洋経済枠組みを取り上げ、アジア域内の経済協力について考えていきます。
猫組長 2022.05.20
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。米国バイデン大統領は現地時間19日に韓国と日本への訪問に向けて出発しました。ウクライナ情勢に隠れていますが、アジアは北朝鮮や中国に関連する問題をはじめ緊張状態が続いており、米国としても存在感を示していく必要のある重要な地域となっています。

毎週金曜のニュースレターではビジネスや経済のトレンドについて解説しています。本日はバイデン大統領が訪日中に発表を行う見通しであるインド太平洋経済枠組み(IPEF:Indo-Pacific Economic Framework)を取り上げ、これまでの経済連携の枠組みとの違いや各国の思惑をまとめていきます。

<本日のトピック>
・中国を牽制する様々な枠組み
・インド太平洋経済枠組み(IPEF)
・各国の思惑はいかに

[お知らせ] 猫組長ライブ配信を下記の日程で開催いたします。本特典は「有料購読者」限定となりますので、ご希望の方は事前にご登録・プラン変更を行っていただけますようお願いいたします。また、購読者の皆さんから質問やコメントをいただきながら双方向で進めていくため、Zoomを利用して実施する予定です。猫組長・中沢氏から相場や銘柄など直接ご質問いただける機会となります。なお、ライブ配信用のURLは配信時間までに皆さんのメールアドレスお送りいたします。URLの再送はできかねますのでお早めにご登録をお済ませください。

<猫組長ライブ配信>

  • 5月29日(日)18:00 開始

  • 【終了】5月15日(日)18:00 開始 → 5/21(土)にアーカイブを共有いたします。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2815文字あります。
  • 中国を牽制する様々な枠組み
  • インド太平洋経済枠組み(IPEF)
  • 各国の思惑はいかに

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定