解説|処理水放出と輸入停止の影響ー揺れる日本企業

福島第一原子力発電所の事故から12年が経ち、廃炉に向けた対応が進んでいきます。汚染水を浄化した処理水を海洋放出してから1週間、国内外でその影響・反応がでています。
NEKO TIMES 2023.09.01
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、19,000人を超える読者が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向けでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日の猫組長TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。

東日本大震災に関連して発生した福島第一原発での事故発生からおよそ12年が経過しました。事故発生以来、安心と安全な生活を守るための廃炉の取り組みが進められおり、この程、懸案であった「処理水」の処分の対応を開始しました。

廃炉までは30年から40年かかると言われており、道半ばではありますが、施設周辺に積み重なっていく処理水のタンクに対処できることは大きな一歩であることに間違いありません。

東京電力ホールディングス ホームページより

東京電力ホールディングス ホームページより

一方で、「処理水」の安全性(の正確性)をめぐり国内外に波紋も広がっています。例えば、中国政府は日本の水産物の輸入を全面停止すると発表しました。さらに国内においては中国からの迷惑電話の影響を受けている地域もあります。

本日は福島第一原発における処理水の放出をうけた国際情勢・水産業を中心とした1次産業について考えていきましょう。


<本日のトピック>
・福島第一原発"廃炉"に向けた取り組み
・処理水は安全なのか?
・疑問視する近隣諸国

【お知らせ】先週末にはサポートメンバー(有料会員)向け特典のオンラインライブ配信を実施しました。アーカイブのご用意ができましたので、まだ視聴されていない方はぜひご覧ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3378文字あります。
  • 福島第一原発"廃炉"に向けた取り組み
  • 処理水は安全なのか?
  • 疑問視する近隣諸国
  • 揺れる日本の水産業、日本企業

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え