今週の相場見通し

猫組長 2022.03.27
有料限定
Bloomberg
Bloomberg

ニューヨーク市場

21日:ロシアとウクライナの和平交渉に進展がなかったこと、原油先物やコモディティ価格の上昇が嫌気される展開でした。前日までの4営業日で急激に上昇した相場に、短期的な過熱感を警戒する動きも見られました。リッチモンド連銀のバーキン総裁が50bpの利上げに言及、パウエルFRB議長も必要なら25bp以上の利上げもあると発言、これで売り優勢の流れとなりました。エネルギー関連が強かったのと対照的に、情報通信などハイテク関連は総じて弱かったです。ダウ平均株価終値は▼201/94の34,552.99ドル

この記事は有料読者限定です

続きは、3812文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定