今週の相場見通し9月27日〜10月1日

恒大集団のデフォルト危機がとりあえず回避され、FOMC会合も波乱なく終えたたことで市場に安心感が拡がりました。しかし、ドル建て債券の利払いは確認されておらず、恒大集団への不信感は拭えません。今後は猶予期間である30日間に注目が必要でしょう。
NEKO TIMES 2021.09.26
読者限定

みなさんこんにちは、猫組長です。

FOMC(米連邦公開市場委員会)会合が無難に終了したこと、恒大集団のデフォルトがとりあえず回避されたことで市場はポジティブに反応しました。FRBのパウエル議長はテーパリングの開始を11月に開催される次回のFOMCで決定する見通しを示しました。これにより、今後はテーパリングの具体的なプロセスや速度、利上げ時期・利上げ幅が市場の関心となるでしょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3155文字あります。

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し