ついに英半導体大手ARMが上場-初値を買うべきかを様々な観点から考察します

明日、英半導体大手ARMが上場します。日本のみならず、世界的に注目されているイベントであり、多くの個人投資家が初値買いを検討されていることと思います。そこで本日はARMを買うべきかどうか、様々な点から考察していきたいと思います。
NEKO TIMES 2023.09.13
サポートメンバー限定

猫組長TIMESでは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げております。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、おかげさまで読者様も18,000人を超えました。引き続き、有益な情報提供ができるよう、精一杯取り組んで参ります。

有料版ニュースレターでは、下記の猫組長による相場見通しや、水曜日隔週の個別銘柄の値動きの解説を通じて「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。また、有料版読者の皆様は猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントにも参加できます。ぜひご登録ください。

以下、

◇ついに英ARM上場へ

ARM上場までのヒストリーを整理する

◇果たして520億ドルはフェアバリュー?

◇それぞれの立場におけるポジショントーク

◇様々な点を踏まえた上で初値は買うべきか

を解説した内容となっております。ぜひ猫組長TIMESを登録の上、お読みください。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6588文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え