インフレ懸念の再燃と長期金利上昇で動揺するニューヨーク市場、日本株はどうなる?

米国10月のCPI(消費者物価指数)が前年同月比+6.2と31年ぶりの大幅上昇を見せ、ブレークイーブン・インフレ率が2.7%と約15年ぶりの水準に。これを受けて長期金利とドルが上昇、好調だったニューヨーク市場に冷や水となりました。
猫組長 2021.11.14
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

米国10月のCPIが31年ぶりの大幅上昇となりニューヨーク市場にインフレ懸念が再燃しました。1.4%台で推移していた米国債10年(GT10:GOV)の金利は1%以上の上昇でボラティリティが高くなり、ICE BofAMOVEインデックスは2020年4月以来の最高値に近づいています。引き続き米国債権市場の動向に注意が必要です。主要経済指標が示すとおりインフレへの警戒感が高まっており、ダウ平均株価は週間で6週ぶりの下落となりました。

Bloomberg
Bloomberg

それでは、先週8日~12日のニューヨーク市場と東京市場を振り返りつつ、今週の相場を考えてみたいと思います。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3620文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定