安倍氏の意思を継ぎ、観光立国となりうるか。コロナ後の観光産業について考察します。

岸田文雄首相は本日午前に記者会見を開き、9月7日からの入国者上限の引き上げとともに、全ての国から添乗員なしのパッケージツアーを受け入れる方針を表明しました。私は観光産業は日本の成長戦略に欠かせないピースの1つであり、まだまだ伸び代があると考えております。本日は観光・旅行分野について考察していきたいと思います。
猫組長 2022.08.31
有料限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「安倍氏の意思を継ぎ、観光立国となりうるか。コロナ後の観光産業について考察します」について解説していきたいと思います。

ジャクソンホール会議を機に、下落へ転じた日米マーケットですが、引き続き、先行きの見通しが難しい相場には変わりはありません。猫組長が毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」では、日米指数の振り返りとともに1週間の動向を解説しておりますので、ぜひご確認ください。

本日は、コロナ明け後の観光産業、観光関連銘柄の見通しについて考察していきたいと思います。

以下、

◇日本政府が入国制限を緩和ー1日5万人に

◇アベノミクス8年の観光立国への推移

◇世界との対比で見える伸びしろ

◇推奨銘柄について

を記述した内容となっております。ぜひ猫組長TIMESをご購読の上、お読みください。

この記事は有料読者限定です

続きは、5137文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定