今年は波乱無しか-ジャクソンホール会議後の値動きを探る

8月25~27日に2022年のジャクソンホール会議が開催されます。3年ぶりに対面で実施されますが、本年も過去同様にFRB議長の発言が注目されます。同会議の注目ポイントと、その後の値動きについて考察していきたいと思います。
NEKO TIMES 2022.08.24
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「今年は波乱無しか。ジャクソンホール会議後の値動きを探る」について解説していきたいと思います。

日米市場共に上昇が続いておりますが、引き続き、先行きの見通しが難しい相場には変わりはありません。猫組長が毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」では、日米指数の振り返りとともに1週間の動向を解説しておりますので、ぜひご確認ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5970文字あります。
  • ◇ジャクソンホール会議とは
  • ◇9月以降の利上げペースが市場を左右する
  • ◇バーナンキショックの経験則
  • ◇波乱なしのジャクソンホールと見る
  • ◇波乱なしが今後の波乱を生むだろう

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。