オミクロン型への警戒感後退とタックスロス・セリングほぼ終了で大納会へ

欧米では新型コロナの感染が爆発的に増えていますが、変異種オミクロン型への警戒感は後退しつつあります。キャピタルロスの確定もほぼ終了のマーケットは残り数日となりました。
猫組長 2021.12.26
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

2年ぶりとなる賑やかなクリスマスも終わり、街は新年を迎える準備に入りました。欧米では新型コロナによる感染拡大が勢いを増していますが、日本はまるで別世界のように平穏を保っています。マーケットでは変異種オミクロン型に対する警戒感が後退し、2021年の取引を間も無く終えようとしています。それでは、先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考察して見ましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2855文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定