サンタクロース不在のクリスマス相場-日経平均株価は27500円の攻防

オミクロン株は瞬く間に世界43の国と地域へ拡がり、感染力の高さを証明して見せました。株式市場はワクチン有効性や重症化割合など、オミクロン株についての情報に右往左往する展開が続いています。
猫組長 2021.12.05
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

12月相場に入ったものの、株式市場はオミクロン株に翻弄される毎日です。リスク要因はオミクロン株だけではありません。インフレの長期化が懸念される米国では金融政策の見直しに迫られ、テーパリング早期終了と利上げ加速が現実味を帯びてきました。ロシアによるウクライナ侵攻、中国の台湾侵攻の可能性など、地政学的リスクも高まっています。国内に目を向けると、新型コロナ新規感染者は低下傾向で落ち着いていますが、時期尚早な増税を匂わせる岸田政権に懸念を感じます。それでは、先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3615文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定