相場見通し-地政学リスクに揺れる日米市場

米国では3月CPIの結果によって利下げ観測が後退し、金利上昇・株価下落となった1週間でした。他方、日本市場は米国の地合いの影響を受けたものの、相対的に強さを見て日米市場の違いを感じ取れました。本日は米国の不穏な雰囲気について経済統計を用いて解説していきたいと思います。
NEKO TIMES 2024.04.14
サポートメンバー限定

ニューヨーク市場

東京市場

3月CPI

(図)米国消費者物価指数(CPI)前年比の推移

(図)各種コアCPI(前月比)の推移

3月CPIを受けて

ドル円は防衛ライン152円を突破

週明けは地政学リスクに晒される1週間に

全体相場には暗雲もアップルに底打ちの気配

アマゾンも上昇の兆し?

日本では不動産が大きく上昇

日経平均先物は地政学リスクから大幅安

日経平均見通し

ダウ平均見通し

今週のイベント

編集後記

NEKO TIMESでは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げております。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、おかげさまで読者様も20,000人を超えました。引き続き、有益な情報提供ができるよう、精一杯取り組んで参ります。

ご案内

NEKO ADVISORIESは新規会員募集を再開いたしました。募集再開から2週間で200名以上の方にご入会頂いております。会員が一定数を超えましたら、再び新規入会を制限させて頂きます。ご興味のある方はこの機会にぜひご入会をどうぞ。

                 申し込みはこちらか

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6645文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え