今週の相場見通し 52週移動平均線と6月9日の窓を意識

7月FOMCは想定どおりの75bpの利上げで通過、米4-6月期のGDPは2四半期連続でマイナスとなり、マーケットは利上げペースの鈍化を期待して株価が上昇しています。
NEKO TIMES 2022.07.31
サポートメンバー限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

7月FOMCも想定どおりの75bp利上げで通過し、米主要企業の決算もそれほど悪くない数字で落ち着いています。米4-6月期のGDPは、リセッション入りの条件を満たす2四半期連続でマイナスとなりましたが、景気悪化でFRB頼みという従来の緩和期待が持ち上がっています。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

ニューヨーク市場

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5025文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し