今週の相場見通し

ウクライナ情勢と原油価格に振り回される展開が続いています。ボラティリティは非常に高まっており注意の必要な週となりそうです。
猫組長 2022.03.13
有料限定
Bloomberg
Bloomberg

ニューヨーク市場

7日:WTI原油先物4月限が時間外で1バレル130ドルを超えるなどウクライナ情勢悪化で資源価格が高騰。世界経済の先行きに不透明感がリスク回避傾向を強めました。ロシアとウクライナの代表団による停戦協議が不調だったことも失望感につながり、ダウ平均株価は今年最大の下落率・下落幅となりました。ダウ平均株価終値は▼797.42の32,817.38ドル

この記事は有料読者限定です

続きは、4489文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定