解説|成長する宇宙産業、ここでも半導体

日米の宇宙関連企業がそれぞれ宇宙に向けてロケットや宇宙船の打ち上げを行いました。2030年には1兆ドル市場と考えられています。宇宙産業を支える技術、企業とは。
NEKO TIMES 2024.03.15
読者限定

NEKO TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、2,0000人を超える読者の皆様が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向け配信では、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日のNEKO TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。

水曜日の配信では中沢氏が半導体について解説を行いました。また、続く編集後記では猫組長が日本の宇宙スタートアップのロケット発射実験について触れていました。人工知能(AI)が率いる半導体市場の次なるフロンティアが宇宙にあるのかもしれないと考え始めたのです。

さて、今週は日米の宇宙関連企業がそれぞれ宇宙に向けてロケットや宇宙船の打ち上げを行いました。人工衛星搭載ロケットの打ち上げを行う日本初の民間企業・スペースワンは13日に国内の実用衛星を搭載した商用ロケット・カイロスロケットの初号機の初となる打ち上げを行いましたが失敗に終わりました。(ロイター

米宇宙企業のスペースX(エックス)を創業したイーロン・マスク氏はX(旧:Twitter)で「Rocket are hard」と投稿し、カイロスの打ち上げへの関心を表します。そのスペースXは昨日14日に開発中の大型宇宙船「スターシップ」とロケット「スーパーヘビー」の3回目の無人飛行試験をほぼ最終段階まで完了しました。

宇宙産業は今後10年で軌道に乗ると信じています。宇宙がますます多くの公共および民間で運用される衛星で溢れかえるにつれて、この業界の価値は 2030年までに 1兆ドルに膨れ上がる可能性があります。
McKinsey(一部・筆者訳)

1961年4月12日、旧ソ連の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンが、人類で初めて宇宙を飛びました。あれから60年、国を挙げた宇宙開発はいまや民間企業中心に進むようになりました。(参考:人類と宇宙のこれまでの歩みについての特設ページ:朝日新聞)これから「宇宙」という未開拓の地に人類はどのように挑んでいくのでしょうか。本日は宇宙産業について考えていきます。

<本日のトピック>
・拡大する宇宙産業ー2030年には1兆ドルへ
・宇宙を目指すためのテクノロジー
・日本のキープレイヤー

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2761文字あります。
  • 拡大する宇宙産業ー2030年には1兆ドルへ
  • 宇宙を目指すためのテクノロジー
  • 日本のキープレイヤー

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|中東の危機、原油価格は上昇か-日経平均は1000円安に
読者限定
地政学リスクによるリスクオフ相場-底打ち目処の水準はどこか
サポートメンバー限定
相場見通し-地政学リスクに揺れる日米市場
読者限定
解説|米CPI発表と円安の加速ーなぜ為替が動くのか
読者限定
時価総額特集第二弾-日本国内における時価総額ランキングの展望を解説しま...
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|米利下げに慎重、経済統計ちぐはぐ
サポートメンバー限定
紅麹問題から1週間-小林製薬の推移を需給面から考察します