日経平均28,000円台回復で今週の相場は?

8日続落で28,000円を割り込んだ日経平均株価は週末ようやく反転しました。米国の債務上限問題が先送りされたことや、上海市場が堅調だったことが相場を後押ししました。しかし、市場には中国の恒大集団債務問題に電力不足、世界的なエネルギー価格の高騰とリスク要因は燻ったままです。
NEKO TIMES 2021.10.10
読者限定

みなさんこんにちは、猫組長です。

10月も中旬になろうかというのに日中はまだ夏のような暑さが続いています。緊急事態宣言が解除された都内は多くの人で賑わい、経済回復への期待が高まっています。しかし、世界的なエネルギー価格と食料品価格の高騰が進んでおり、マーケットは緩和相場後のスタグフレーションを意識し始めたようです。

米労働省が8日発表した9月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比19万4000人増と市場予想の50万人を大幅に下回りました。失業率は4.8%(市場予想5.1%)とやや改善したものの労働参加率自体が低下しており、パンデミックからの本格的な回復にはまだ時間がかかりそうです。それでは先週のマーケットから振り返って見ましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3329文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|中東の危機、原油価格は上昇か-日経平均は1000円安に
読者限定
地政学リスクによるリスクオフ相場-底打ち目処の水準はどこか
サポートメンバー限定
相場見通し-地政学リスクに揺れる日米市場
読者限定
解説|米CPI発表と円安の加速ーなぜ為替が動くのか
読者限定
時価総額特集第二弾-日本国内における時価総額ランキングの展望を解説しま...
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|米利下げに慎重、経済統計ちぐはぐ
サポートメンバー限定
紅麹問題から1週間-小林製薬の推移を需給面から考察します