ウクライナ情勢から見る株価の行方と、いま買っておきたい個別銘柄

ロシア国防省はウクライナとの国境近くに展開していた軍の部隊が演習を終えて撤収を始めると発表しましたが、依然として情勢不安は投資家心理を不安にさせ、ボラティリティの高い相場が続くと思われます。本日はウクライナ情勢がもたらす株価の行方と、今買っておきたい銘柄について考察していきたいと思います。
猫組長 2022.02.17
有料限定

昨日、配信した記事に一部誤りがございましたので、再送させて致します。読者の皆様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。以後、同様の事がないよう、取り組んで参りますので、引き続き猫組長TIMESをよろっしくお願い致します。

この記事は有料読者限定です

続きは、8415文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定