ウクライナ情勢から見る株価の行方と、いま買っておきたい個別銘柄

ロシア国防省はウクライナとの国境近くに展開していた軍の部隊が演習を終えて撤収を始めると発表しましたが、依然として情勢不安は投資家心理を不安にさせ、ボラティリティの高い相場が続くと思われます。本日はウクライナ情勢がもたらす株価の行方と、今買っておきたい銘柄について考察していきたいと思います。
猫組長 2022.02.17
有料限定

昨日、配信した記事に一部誤りがございましたので、再送させて致します。読者の皆様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。以後、同様の事がないよう、取り組んで参りますので、引き続き猫組長TIMESをよろっしくお願い致します。

この記事は有料読者限定です

続きは、8415文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定