解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか

2023年度に上場企業が発表した自社株買いの総額は10兆を超えました。2024年4月の自社株買いは1兆円を超えました。ある市場関係者は25年3月期は自社株買いの記録的な年になると予想します。自社株買いは資産を増やすチャンスになるのでしょうか。
NEKO TIMES 2024.05.18
読者限定

NEKO TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、およそ21,000人の読者の皆様が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向け配信では、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日のNEKO TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。

2023年度の決算発表・2024年度の見通しの発表が各社から続く中で、あわせて「株主還元施策」として増配や自社株買いを発表する企業が増えています。岡三證券によると、先週までに決算発表を行なった企業の半数以上が「増配」を計画しており、「自社株買い」の発表も過去最高多さになるといいます。また、SMBC日興証券の集計によると、2023年度に上場企業が発表した自社株買いの総額は10兆650億円で、2022年度より9%増えたといいます。(NHK

日本経済新聞

日本経済新聞

ゴールドマンのチーフ日本株ストラテジスト・カーク氏は今後も株主還元施策として「自社株買い」のトレンドが続くと見ています。4月の状況は「25年3月期が自社株買い発表の記録的な年となる可能性を示唆している」と指摘します。同社の取りまとめによると、日本企業は4月に総額1兆2000億円の自社株買いを発表しました。(ブルームバーグ

自社株買いの発表後には、当該株式の価格は上昇する傾向があります。石油元売大手のENEOSは14日に決算発表を行い、自社株買いを改めて発表したところ10%超株価が上昇しました。投資家にとってはチャンスとも言えます。

Google Finance

Google Finance

本日のニュースレターでは、増える自社株買いに焦点をあてます。自社株買いとは何か、株価にどのような影響を与えるのか。実際にどのような値動きをしたかを振り返りながら、注意点にも触れます。

<本日のトピック>
・企業価値向上が急務の日本企業
・なぜ企業は「自社株買い」を行うのか
・投資家の期待を超えられるか焦点に

毎週日曜日に配信する「相場の見通し」ではマーケット情報の先読みだけではなく、株式市場・投資のトレンドについての解説も行っております。より深く情報を知りたい方はサポートメンバー(向け限定記事もご期待ください。先週の配信では記事内で「自社株買い」「増配」についても言及しています。

【お知らせ】本日は猫組長が不在のため「編集後記」はお休みとなります。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2608文字あります。
  • 企業価値向上が急務の日本企業
  • なぜ企業は「自社株買い」を行うのか
  • 投資家の期待を超えられるか焦点に

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。