ウクライナ危機でインフレは制御不能に-株式市場はリスクオフが進む

ロシアがウクライナへ事実上の侵攻をしたことで事態は新たな局面を迎えました。資源価格と穀物価格の上昇は必至で、欧米で高進するインフレは制御不能ななるのではないでしょうか。
猫組長 2022.02.24
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部のドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の独立を承認するという一方的な主張で、事実的な侵攻をしました。これにより「平和維持」の名目でウクライナ領土へ軍部隊を派遣することになります。2014年に結ばれたウクライナ東部の紛争解決に向けた「ミンスク合意」は破棄され、事態はさながら大戦前夜といった様相です。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2946文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定