相場見通し-マイナス金利解除の発表で下がれば、そこは思わぬ押し目に?

来週は19日に日銀金融政策決定会合、20日はFOMCが控えており、金融政策の動向で株価が動く1週間となります。国内ではマイナス金利解除、米国では利下げ回数が焦点となります。本日の相場見通しでは日米金融政策について考察していきます。
NEKO TIMES 2024.03.17
サポートメンバー限定

ニューヨーク市場

東京市場

マイナス金利解除へ

マイナス金利解除を受けてマーケットの推移予測

日本市場は上昇に転じやすいと見る3つの視点

ETF購入終了したら株価は大きく下落するのか

高値大陰線でも持ち堪えるエヌビディア

2月雇用統計

FOMCの焦点

日経平均見通し

ダウ平均見通し

今週のイベント

編集後記

ご案内

NEKO ADVISORIESは新規会員募集を再開いたしました。募集再開から2週間で200名以上の方にご入会頂いております。会員が一定数を超えましたら、再び新規入会を制限させて頂きます。ご興味のある方はこの機会にぜひご入会をどうぞ。

                 申し込みはこちらか

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7087文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|中東の危機、原油価格は上昇か-日経平均は1000円安に
読者限定
地政学リスクによるリスクオフ相場-底打ち目処の水準はどこか
サポートメンバー限定
相場見通し-地政学リスクに揺れる日米市場
読者限定
解説|米CPI発表と円安の加速ーなぜ為替が動くのか
読者限定
時価総額特集第二弾-日本国内における時価総額ランキングの展望を解説しま...
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|米利下げに慎重、経済統計ちぐはぐ
サポートメンバー限定
紅麹問題から1週間-小林製薬の推移を需給面から考察します