今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC

ニューヨーク市場はCPIショックの次にフェデックスショックで動揺しています。FRBの金融引き締めはアクセルを踏みグローバルリセッションが意識されています。
猫組長 2022.09.18
有料限定

CPIショックからフェデックスショックと動揺する株式市場ですが、いよいよ21日〜9月FOMCが開催されます。コンセンサスは75bpの利上げですが100bpの確率も20%まで上昇しています。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えましょう。今週号のトピックは下記のとおりです。

・マーケットサマリー

・フェデックスショックはマクロ環境と企業業績の先行指標

・米2年債と米10年債の逆イールド進行の原因

・今週の相場見通し

・USD/JPY為替動向

・編集後記

この記事は有料読者限定です

続きは、5399文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定
学習しない株式市場-CPIショック再び
読者限定