今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC

ニューヨーク市場はCPIショックの次にフェデックスショックで動揺しています。FRBの金融引き締めはアクセルを踏みグローバルリセッションが意識されています。
NEKO TIMES 2022.09.18
サポートメンバー限定

CPIショックからフェデックスショックと動揺する株式市場ですが、いよいよ21日〜9月FOMCが開催されます。コンセンサスは75bpの利上げですが100bpの確率も20%まで上昇しています。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えましょう。今週号のトピックは下記のとおりです。

・マーケットサマリー

・フェデックスショックはマクロ環境と企業業績の先行指標

・米2年債と米10年債の逆イールド進行の原因

・今週の相場見通し

・USD/JPY為替動向

・編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5399文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日経平均最高値更新後の動きやいかに
読者限定
解説|アジアと日本、経済成長に向けた協調とは
読者限定
割高か割安をPERだけで判断していませんか?投資確度を格段に高める方法...
サポートメンバー限定
相場見通し-今週はエヌビディア1社が世界の市場を動かす
読者限定
解説|日本株続伸するも、日本経済は内需の弱さ続く
読者限定
日経平均が上昇してもなぜ持っている銘柄が上がらない?銘柄選びのポイント...
サポートメンバー限定
今週の見通し-週明け注目の個別銘柄について
読者限定
解説|日経平均株価37,000円!円安の追い風と日銀の"緩和的な金融環...