今週の相場見通し 米中間選挙と10月C P I

11月FOMC(連邦公開市場委員会)と米10月雇用統計を通過した株式市場は、米中間選挙とCPI(消費者物価指数)の発表を迎えます。その分析と影響を考えてみました。
猫組長 2022.11.06
有料限定

今週のトピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

FOMCから考える2023年最終到達FFレート

・米中間選挙と株式市場

・為替相場見通し

・10月C P I(消費者物価指数)

・株式相場見通し

この記事は有料読者限定です

続きは、6240文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

今週の相場見通し 利上げペース鈍化期待で迎えた12月相場
有料限定
NISAを解説|日本人に資金余力はあるか?岸田首相に足りない視点【毎週...
読者限定
NISA枠恒久化へ-非課税枠の投資戦略を探る
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|なぜマスク氏は日本中心のTwitterを目指すのか?【毎週金曜日...
読者限定
人の行く裏に道あり花の山-密かに動き始めた鉄鋼セクターに要注目
有料限定
今週の相場見通し 外部環境と金利動向が材料
有料限定
景気後退と雇用|ミドルをクビにする3つの理由【毎週金曜日配信:世界経済...
読者限定