景気後退と雇用|ミドルをクビにする3つの理由【毎週金曜日配信:世界経済とビジネスがわかる】

GAFAはもう終わりなのでしょうか?大手テクノロジー企業が相次いで大規模なリストラを発表しています。景気後退の前触れなのでしょうか。なぜリストラは起き、いつまで続くのでしょうか。一方で日本の雇用は守られるのでしょうか。
猫組長 2022.11.18
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、14,000人を超える読者が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

有料版ニュースレターでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。今週私が気になったニュースは国内スタートアップの資金調達についてです。スキマ時間バイトのマッチングサービスを展開するタイミーがみずほ銀行や、三菱UFJ銀行、りそな銀行など8つの金融機関から借り入れたことを発表しました。金利1%未満・無担保・無保証の融資であり、かつ、183億円という規模はスタートアップが金融機関から融資を受ける額としては異例です。

一方で、新規上場予定のメディアプラットフォームのnoteは想定時価総額44億円で東証グロース市場への上場承認を得ました。直近5月の資金調達時の評価額が約338億円でしたので、いわゆるダウンラウンドという形です。先日上場承認を得た英語学習支援サービスのプログリットも想定時価総額28億円と小規模です。世界的にもIPO時の時価総額の"小粒化"傾向が見られるようです。(日経

さて、このような資金調達環境の変化(悪化)は、景気後退へと向かう経済の動きとも連動しています。先週も触れましたが、引き続き多くの企業でリストラを発表しています。AmazonのCEOアンディ・ジャシー氏は「2023年もリストラは続く」とコメントしています。その他、米国をはじめテクノロジー企業のオペレーションを支える拠点になっているアイルランド・ダブリンでも文字通り「冬」が到来しています。(日経

毎週金曜日の猫組長TIMESでは話題のニュースを取り上げながら経済・ビジネスのトレンドを解説しています。今週は相次ぐ「リストラ」報道に注目して、なぜいまなのか、誰が影響を受けているのかについて見ていきたいと思います。

<本日のトピック>

・悪化するホワイトカラーの雇用環境

・ミドルが狙われるリストラ

・人材市場で生き残るには

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3124文字あります。
  • 悪化するホワイトカラーの雇用環境
  • ミドルが狙われるリストラ
  • 人材市場で生き残るには

すでに登録された方はこちらからログイン

今週の相場見通し 利上げペース鈍化期待で迎えた12月相場
有料限定
NISAを解説|日本人に資金余力はあるか?岸田首相に足りない視点【毎週...
読者限定
NISA枠恒久化へ-非課税枠の投資戦略を探る
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|なぜマスク氏は日本中心のTwitterを目指すのか?【毎週金曜日...
読者限定
人の行く裏に道あり花の山-密かに動き始めた鉄鋼セクターに要注目
有料限定
今週の相場見通し 外部環境と金利動向が材料
有料限定
23連勝中の新規上場株-IPO銘柄の投資戦略とは。
有料限定