金融引き締め警戒感で過敏になったニューヨーク市場-グロース株には厳しい展開か

金融正常化へ舵を切った2022年のマーケットは、FRBによるテーパリング加速に警戒感を高めています。ハト派だったFRB理事も、高水準のインフレ懸念からタカ派に転向するなど3月利上げが現実味を帯びてきました。
猫組長 2022.01.16
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

金融引き締めには慎重なハト派で知られるブレイナード理事が、バイデン大統領からFRB副議長に指名されました。13日の米上院委員会の公聴会に出席したブレイナード理事は、「高水準のインフレを非常に懸念している」と語り、3月利上げへを示唆するなどタカ派への転向を感じさせました。ブレイナード理事が14日にFRB副議長へ就任すれば、金融引き締めの加速が進みそうです。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3782文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定