世界各国と異なる道を歩む日本。緩和継続は買い場となるのか。

6月17日、日銀の金融政策決定会合が行われ、大規模金融緩和の継続がアナウンスされました。日本は世界の金融政策と逆行することとなり、円安の進行が止まりません。株式市場は今後どのような動きが予想されるのかを解説していきたいと思います。
猫組長 2022.06.22
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「世界各国と異なる道を歩む日本。緩和継続は買い場となるのか。」について解説していきたいと思います。

先週の株式市場は、米国のインフレ増大、FRBが0.75%の利上げ決定、スイスの15年ぶりの利上げなどダウンサイドのニュースが相次ぎ、大きな下落となりました。引き続き、各国中央銀行が金融引き締めを加速し、リスク資産から資本の逃避が進んでいくものと思われます。猫組長が毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」では、日米指数の振り返りとともに1週間の動向を解説しておりますので、ぜひご確認ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4945文字あります。
  • ◇日本銀行政策決定会合の振り返り
  • ◇緩和継続は買い場となるのか。
  • ◇上値を追えない要因
  • ◇日本市場の買い場の目安は

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定