世界各国と異なる道を歩む日本。緩和継続は買い場となるのか。

6月17日、日銀の金融政策決定会合が行われ、大規模金融緩和の継続がアナウンスされました。日本は世界の金融政策と逆行することとなり、円安の進行が止まりません。株式市場は今後どのような動きが予想されるのかを解説していきたいと思います。
猫組長 2022.06.22
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「世界各国と異なる道を歩む日本。緩和継続は買い場となるのか。」について解説していきたいと思います。

先週の株式市場は、米国のインフレ増大、FRBが0.75%の利上げ決定、スイスの15年ぶりの利上げなどダウンサイドのニュースが相次ぎ、大きな下落となりました。引き続き、各国中央銀行が金融引き締めを加速し、リスク資産から資本の逃避が進んでいくものと思われます。猫組長が毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」では、日米指数の振り返りとともに1週間の動向を解説しておりますので、ぜひご確認ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4945文字あります。
  • ◇日本銀行政策決定会合の振り返り
  • ◇緩和継続は買い場となるのか。
  • ◇上値を追えない要因
  • ◇日本市場の買い場の目安は

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定