解説|米地銀の破綻と救済、金利舵取りにパウエル苦悩かー波乱の1週間を振り返る

欧米の金融システムへの信頼が揺らいでいます。米国地銀の経営破綻・スイス大手クレディ・スイスの経営難は世界に影を落としています。コロナ禍の対応により膨張した経済、インフレを抑えるために各国中央銀行は金利の引き上げを進めています。市場を監視しながら、各国中央銀行はこれからどう動いていくのでしょうか。
NEKO TIMES 2023.03.18
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、およそ16,000人が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

有料版ニュースレターでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日の猫組長TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドを解説します。

先週は米国トップ20の規模を有するシリコンバレー銀行(SVB)の取り付け騒ぎと雇用統計を取り上げました。週末にはSVBの経営破綻が決まり、米国は揺れに揺れました。(参考:米シリコンバレー銀行の破綻について知っておくべきこと/ Forbes

12日には米国トップ30の規模を有するシグネチャーバンクは事業停止となり(ブルームバーグ)、格付け会社ムーディーズは同行を含む6行の格下げの検討に入りました。(ロイター)16日には米ファースト・リパブリック・バンクの株価が急落。大手銀行11行がによる300億ドル規模の預金による救済という一幕もありました。(ロイター

そして、金融機関の信用不安は米国にとどまることなく、国を超えて広がります。スイス金融大手のクレディ・スイスの経営難と株価の急落の報道もありました。

まだまだ余談を許さない金融業界の動きから目が離せません。世界経済がどのように展開していくのか、鍵を握る金利はどのように動くのか、キーマンはどのように考えているのか。今週のニュースレターでは世界の動きを再確認することを主題にします。

<本日のトピック>
・米国銀行の破綻と経済の力強さ
・インフレ抑制優先、欧州は大幅利上げへ
・軟調な中国経済、回復はまだか

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3397文字あります。
  • 米国銀行の信用不安と経済の力強さ
  • インフレ抑制優先、欧州は大幅利上げへ
  • 軟調な中国経済、回復はまだか

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日経平均最高値更新後の動きやいかに
読者限定
解説|アジアと日本、経済成長に向けた協調とは
読者限定
割高か割安をPERだけで判断していませんか?投資確度を格段に高める方法...
サポートメンバー限定
相場見通し-今週はエヌビディア1社が世界の市場を動かす
読者限定
解説|日本株続伸するも、日本経済は内需の弱さ続く
読者限定
日経平均が上昇してもなぜ持っている銘柄が上がらない?銘柄選びのポイント...
サポートメンバー限定
今週の見通し-週明け注目の個別銘柄について
読者限定
解説|日経平均株価37,000円!円安の追い風と日銀の"緩和的な金融環...