「いまここ」にある消費をデータにする

大量消費から大きく消費のあり方が変わっています。またその方法もオンラインとオフラインを行き来しながら行っています。消費がどう代わり、また店舗や企業がどうビジネスをしているのか見ていきます。
猫組長 2021.11.19
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ニュースレター 『猫組長TIMES』の配信を始めてちょうど3ヶ月が経ちました。購読者も5,000人を超え、次の目標である10,000人に向けてより一層の努力をしたいと思います。

***

こんにちは、NEKO PARTNERS岩倉です。毎週金曜のニュースレターではビジネスや経済のトレンドについて解説していきます。直近はIT企業に注目してニュースレターをお届けしてきました。今週からは「リアル」に少し軸足をずらしてみようと思います。

<本日のトピック(★は読者限定)>

・モノからコト、トキからイミへ
・AmazonもGoogleもつくる実店舗(★)
・実店舗を生かしたデータ収集(★)

記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

猫組長TIMESではニュースレターを定期配信しています。まだ購読登録していない方は見逃さないようにぜひ購読していただければ嬉しいです。購読者限定のコンテンツも拡充していきます。

モノからコト、トキからイミへ

高度経済成長期の大量生産・大量消費、所有することに価値があった時代を経て、体験に価値がある時代を迎えています。そしていま、「いまここ」でしかできない体験や、その体験自体の意味に価値がある時代を迎えています。

例えば、野菜の生産者はインターネットを通じて産直、旬の素材を直接消費者に届けています。消費者はもちろん美味しい食材を楽しみたいという考えもありますが、生産者を直接応援しているという意味を消費行動によって発信しています。
服飾における「エシカル」というキーワードも、身につける消費者自身の価値観を表現することで、意味を価値にしているともいえます。

そして、これらの消費とともにFacebookやInstagramなどのソーシャルメディアはトキ・イミを他者に伝える手段として発展してきました。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2194文字あります。
  • AmazonもGoogleもつくる実店舗
  • 実店舗を生かしたデータ収集

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定