4月インフレピーク論破れる。今晩はCPI数値を受けてのFOMCに要注目。

先週の消費者物価指数が40年ぶりの高水準となり、インフレピークアウト説が一掃され、大幅下落の株式市場となりました。今晩はFOMCの政策決定を控えており、(日本時間16日午前3時)重要な1日と言えます。FOMCの発表内容の予測と、その後の値動きの展望についてお伝えしていきたいと思います。
猫組長 2022.06.15
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「4月インフレピーク論破れる。今晩はCPI数値を受けてのFOMCに要注目。」について解説していきたいと思います。

先週の株式市場は、米消費者物価指数が前年同月比では8.6%上昇。1981年12月以来、40年5カ月ぶりの大幅な上昇率を記録したことで、インフレ4月ピーク論が一掃され、更なる下落につながりました。引き続き、ジリ貧の株式相場は継続するものと想定でき、どのようなポジションを取るかにより、将来の資産は大きく変化していきます。猫組長が毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」では、日米指数の振り返りとともに1週間の動向を解説しておりますので、ぜひご確認ください。

本日は、

◇4月インフレピーク論、破れる

◇FOMCの注目ポイント

◇FOMC後の株式市場の展望

をお伝えしていきたいと思います。無料記事ですので、ぜひ猫組長TIMESを登録の上お読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4511文字あります。
  • ◇4月インフレピーク論、破れる
  • ◇FOMCの注目ポイント
  • ◇日本市場に絶好の押し目がくるか。

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定