不透明なアジア新興国の成長−米国利上げの影響は

米国利上げによる影響は株価だけではありません。そしてグローバルな金融の世界においてはその影響は米国にとどまらず、世界へと広がります。米国営上げを踏まえて新興国経済にどのように影響を与えるのかみていきましょう。
猫組長 2022.05.13
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。ゴールデンウィークが明け、最初の週いかがお過ごしでしょうか。寒暖の差も激しいので体調を崩さないよう、みなさまお気をつけください。さて、毎週金曜のニュースレターではビジネスや経済のトレンドについて解説しています。今週は「アジア」にフォーカスします。米国利上げを受けて新興国経済はどうなるのでしょうか。

<本日のトピック>
・米国利上げと新興国経済
・アジア経済危機?
・アジア各国のトップ交代

[お知らせ] 猫組長ライブ配信を下記の日程で開催いたします。本特典は「有料購読者」限定となりますので、ご希望の方は事前にご登録・プラン変更を行っていただけますようお願いいたします。また、購読者の皆さんから質問やコメントをいただきながら双方向で進めていくため、Zoomを利用して実施する予定です。猫組長・中沢氏がFOMCをどのように見ていたのか、今後の相場の見通しはどうなるのか解説します。なお、ライブ配信用のURLは配信時間までに皆さんのメールアドレスお送りいたします。URLの再送はできかねますのでお早めにご登録をお済ませください。

<猫組長ライブ配信>

  • 5月15日(日)18:00 開始

  • 5月29日(日)18:00 開始

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3304文字あります。
  • 米国利上げと新興国経済
  • アジア経済危機?
  • アジア各国のトップ交代

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定