今週の相場見通し

日銀新総裁に植田和男氏というサプライズですが、市場はまだ評価を迷っているように見えます。米国債権市場ではターミナルレートの想定が引き上げられた動きを見せています。そして米1月CPIが14日に発表されますが、インフレは鈍化しているのでしょうか。
NEKO TIMES 2023.02.12
サポートメンバー限定

今週号トピック

・ニューヨーク市場サマリー

・東京市場サマリー

・日銀新総裁に就任する植田和男氏はマクロ・プルーデンス重視

・為替動向とUSD/JPY見通し

・米1月C P Iと懸念される中古車価格の上昇

・ダウ平均株価見通し

・日経平均株価見通し

・編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6354文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し