英国新時代につなぐ、女王からの重いバトン

ボリス・ジョンソン氏にかわって、同じく保守党のリズ・トラス氏が新首相となり、国政運営の任に就きました。2日前に首相任命を行なったばかりのエリザベス女王は、本日9月9日、滞在中のスコットランド・バルモラル城で息を引き取りました。女王から女性首相への"時代のバトン"が渡される形となりました。
猫組長 2022.09.09
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。普段は自宅から執筆をしていますが、本日は気分を変えて、長野県は蓼科のロッジからニュースレターをお届けしております。この1週間もさまざまなニュースが飛び込んできました。なんといっても、在位70年のエリザベス女王の死は、イギリスのみならず世界を悲しみにつつんだといえましょう。英首相官邸の"ネズミ捕獲長"はこうツイートしています。

何も起こらない数十年もあれば、数十年が起こる週もあります。|Chief Mouser to the Cabinet Office.
何も起こらない数十年もあれば、数十年が起こる週もあります。|Chief Mouser to the Cabinet Office.

毎週金曜日はビジネスや経済を取りあげていますが、本日のニュースレターでは私たちが生まれた時から「英国女王」であったエリザベス2世のこれまでを振り返りながら、これからの英国について考えるきっかけにしたいと思います。

<本日のトピック>

・栄枯盛衰、在位歴代最長の女王

・新首相トラス氏、時代のバトンを受け取る

・英国経済の立て直しは人集めから

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3314文字あります。
  • 栄枯盛衰、在位歴代最長の女王
  • 新首相トラス氏、時代のバトンを受け取る
  • 英国経済の立て直しは人集めから

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定