英国新時代につなぐ、女王からの重いバトン

ボリス・ジョンソン氏にかわって、同じく保守党のリズ・トラス氏が新首相となり、国政運営の任に就きました。2日前に首相任命を行なったばかりのエリザベス女王は、本日9月9日、滞在中のスコットランド・バルモラル城で息を引き取りました。女王から女性首相への"時代のバトン"が渡される形となりました。
猫組長 2022.09.09
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。普段は自宅から執筆をしていますが、本日は気分を変えて、長野県は蓼科のロッジからニュースレターをお届けしております。この1週間もさまざまなニュースが飛び込んできました。なんといっても、在位70年のエリザベス女王の死は、イギリスのみならず世界を悲しみにつつんだといえましょう。英首相官邸の"ネズミ捕獲長"はこうツイートしています。

何も起こらない数十年もあれば、数十年が起こる週もあります。|Chief Mouser to the Cabinet Office.
何も起こらない数十年もあれば、数十年が起こる週もあります。|Chief Mouser to the Cabinet Office.

毎週金曜日はビジネスや経済を取りあげていますが、本日のニュースレターでは私たちが生まれた時から「英国女王」であったエリザベス2世のこれまでを振り返りながら、これからの英国について考えるきっかけにしたいと思います。

<本日のトピック>

・栄枯盛衰、在位歴代最長の女王

・新首相トラス氏、時代のバトンを受け取る

・英国経済の立て直しは人集めから

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3314文字あります。
  • 栄枯盛衰、在位歴代最長の女王
  • 新首相トラス氏、時代のバトンを受け取る
  • 英国経済の立て直しは人集めから

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定